TOPへ

BLOG

『 WORKSHOP DESIGN ACADEMIA 』活動レポート(2018.10)

DIARY
Hikaru Mizunami
2018.11.04
『 WORKSHOP DESIGN ACADEMIA 』活動レポート(2018.10)

2018年10月『 WORKSHOP DESIGN ACEDEMIAWDA (WDA)1)ミミクリデザインでは、ワークショップデザインの最新のノウハウが学べる有料オンラインコミュニティ『WORKSHOP DESIGN ACADEMIA(WDA)』を運営しています。』で開催されたイベントや、オンラインコミュニティの様子についてお伝えします。
 
 

10月のイベント開催報告

2018年10月、WDAでは主に以下のイベントが開催されました。
 
●10/7
公開講座「ワークショップデザイン・ファシリテーション入門講座【ベーシック】」

参加された方の感想
(「問い」と「遊び」という)ワークショップデザインの2つのポイント。特に遊びの要素を取り入れるというものが自分に欠けていることに気がついたのが大きな収穫です。また問いのコンビネーションや視座を意識するというのが、全く考えたことがなく、新たな発見となりました。

 
 
●10/14
PLAYFOOL Workshop体験会

参加された方の感想
アイディア創発のためのデザインシンキングを体感できました。特に、フィールドワークのセッションで、出てきたアイディアの豊かさを特に感じました。ともするとルールに縛られがちになりましたが、ルール自体も柔軟に捉えて、とにかく楽しく妄想を広げてチームで素敵なアイディアを出せたことがとても充実感がありました。体を動かし、チームで対話をしながら妄想を膨らませたことがとても心地よかったです。

 
 
●10/27
WDA限定交流会「WDA Meetup Tokyo vol.3」

 
 
●10/31
WDA限定研究会「コミュニティデザインの技法を探る – 変容していくコミュニティとの向き合い方」
ゲスト:孫大輔さん(東京大学大学院医学系研究科医学教育国際研究センター医学教育学部門 講師、一般社団法人みんくるプロデュース代表理事)

参加された方の呟き

こたけ / ビジョンを一緒に作るデザイナー on Twitter

今日は #WDA の研究会に参加しました🙌 テーマは「変容していくコミュニティとの向き合い方」 孫大輔さんの谷根千でのプロジェクトのお話を元に、「寛容性のあるコミュニティマネジメント」「地域の課題との向き合い方」などの話をしました。

 
 

「WORKSHOP DESIGN ACADEMIA」の近況

有料オンラインコミュニティ「WORKSHOP DESIGN ACADEMIA」メンバー専用のFacebookグループの様子をちらっとお見せします!
 
▼【ファシリテーターのジレンマと、それに折り合いをつけるための技】

なお、11月のイベント情報はこちらにまとまっています。
▼11月開催のイベントのお知らせ
https://mimicrydesign.co.jp/news/2348
興味のあるイベントがあれば、ぜひご参加ください。
 
 

10月配信された動画コンテンツのご紹介

最後に先月配信された動画コンテンツ(WDAメンバー限定)をご紹介します。
先月は、京都大学総合博物館准教授・塩瀬隆之先生から「個人の“職人芸”のノウハウをいかに組織内に広げていくか」について語っていただいたり、対話型組織開発の第一人者・香取一昭さんからホールシステム・アプローチのルーツとこれからについてお伺いしたり、幅広い領域のエキスパート実践者たちから知見を集めたひと月だったように思います。
 
▼10/06配信|【WDA interview】実践知を探る|塩瀬 隆之(前編)

▼10/13配信|【WDA interview】実践知を探る|塩瀬 隆之(後編)

▼10/20配信|【WDA archine】意味のデザインとは何か?|話題提供 片桐祥太×小田裕和

▼10/27配信|【WDA interview】実践知を探る|香取一昭

 
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

References   [ + ]

1. ミミクリデザインでは、ワークショップデザインの最新のノウハウが学べる有料オンラインコミュニティ『WORKSHOP DESIGN ACADEMIA(WDA)』を運営しています。
PICKUP