TOPへ

BLOG

"DIARY"の記事一覧
ワークショップデザイン・ファシリテーションの実践知を探る|舘野泰一さん

昨年にリリースしたミミクリデザイン初の自主サービスである、ファシリテーターのためのオンラインプログラム「WORKSHOP DESIGN ACADEMIA(WDA…

DIARY ESSAY
Yuki Anzai
Yuki Anzai
2018.01.25
ワークショップデザイン・ファシリテーションの実践知を探る|舘野泰一さん
イベントの集客(告知・宣伝)を成功させる方法

ワークショップ、カフェイベント、シンポジウム、パーティ、勉強会、などなど。学びの場の運営が民主化され、さまざまな領域で実践が拡がり、イベントの告知情報を見かけな…

ESSAY
Yuki Anzai
Yuki Anzai
2018.01.17
イベントの集客(告知・宣伝)を成功させる方法
ワークショップで獲得される身体知 vol.1 曖昧さ耐性

○前の記事 ワークショップで獲得される身体知 vol.0 はしがき 曖昧さ耐性とは? 本シリーズでは、ワークショップに長期的に関わることで獲得可能なのではないか…

ESSAY
Hikaru Mizunami
Hikaru Mizunami
2018.01.02
ワークショップで獲得される身体知 vol.1 曖昧さ耐性
ワークショップで獲得される身体知 vol.0 はしがき

ワークショップでは多くの場合、“そのワークショップを通じて学んでほしいこと“が作り手によって設定されています。そして、「ワークショップデザイン論-創ることで学ぶ…

ESSAY
Hikaru Mizunami
Hikaru Mizunami
2018.01.02
ワークショップで獲得される身体知 vol.0 はしがき
三浦半島の魅力を再定義する(京急電鉄×東京大学)【プロジェクトレポート】

今年の春にスタートした京急電鉄と東京大学の共同研究「三浦半島の魅力を再定義する」プロジェクトですが、3回のワークショップ、フィールドワーク、競合地域調査をはじめ…

ESSAY REPORT
Yuki Anzai
Yuki Anzai
2017.12.31
三浦半島の魅力を再定義する(京急電鉄×東京大学)【プロジェクトレポート】
深い学びを生み出す“場”のつくりかた|ミミクリの本棚 vol.1『 「未来の学び」をデザインする -空間・活動・共同体 』

  ◎今日の1冊:「未来の学び」をデザインする-空間・活動・共同体 美馬のゆり 山内祐平 (東京大学出版会,2005) 「ミミクリの本棚」、はじめます…

ESSAY
Hikaru Mizunami
Hikaru Mizunami
2017.12.24
深い学びを生み出す“場”のつくりかた|ミミクリの本棚 vol.1『  「未来の学び」をデザインする -空間・活動・共同体 』
ワークショップデザイン・ファシリテーションを仕事に役立てる3つのスケール

先日、これまで何度も安斎のワークショップにご参加くださっている方と情報交換させていただく機会があったのですが、「ワークショップデザインやファシリテーションのエッ…

ESSAY
Yuki Anzai
Yuki Anzai
2017.11.29
ワークショップデザイン・ファシリテーションを仕事に役立てる3つのスケール
共感ではなく哲学から始める:商品開発におけるワークショップデザイン論

年々、ワークショップを活用した企業の商品開発の案件が増え、現在もリアルタイムでいくつかのプロジェクトが動いています。複数回のワークショップを主軸にしながらも、ユ…

ESSAY
Yuki Anzai
Yuki Anzai
2017.11.29
共感ではなく哲学から始める:商品開発におけるワークショップデザイン論
社名とロゴの由来

社名に使っている「Mimicry(ミミクリ)」とは、模擬や模倣といった意味を指す言葉です。社名を直訳すると「模倣デザイン」になってしまうのですが笑、社会学者のロ…

ESSAY
Yuki Anzai
Yuki Anzai
2017.11.29
社名とロゴの由来