TOPへ

BLOG

社名とロゴの由来

ESSAY
Yuki Anzai
社名とロゴの由来

社名に使っている「Mimicry(ミミクリ)」とは、模擬や模倣といった意味を指す言葉です。社名を直訳すると「模倣デザイン」になってしまうのですが笑、社会学者のロジェ・カイヨワが提唱する遊びの類型の理論からとってきています。カイヨワは、人間の遊びをその内容に従って以下の4つに区分しました。

 

アゴン(Agon):競争を伴う遊び ex:サッカー、チェスなど

アレア(Alea):運や賭けを伴う遊び ex:じゃんけん、サイコロ、賭け、など

ミミクリ(Mimicry):真似・模倣を伴う遊び ex:ごっこ、空想、仮装、演劇など

イリンクス(Ilinx):目眩やスリルを伴う遊び ex:ブランコ、スキ、サーカスなど

 

このうちミミクリは、ごっこ遊びや空想遊びなど、いわゆる「見立て遊び」の総称です。対象を別の角度から捉えるミミクリの認知的態度は、学習とイノベーションの源泉であり、ワークショップデザインの本質的な思考法です。

 

弊社のロゴデザインも、英字の”Mimicry”を90度回転して眺めるとカタカナの「ミミクリ」が浮かび上がるようになっています。外部パートナーでもある田中研一氏(Super Crowds inc. CCO)の発案で、まさにミミクリ的なものの見方を体現したロゴになっていて、気に入っています。

PICKUP